不動産のことなら最も詳しい不動産会社に共有持分について相談できる

共有持分が発生するケースは大きく分けて2つ

不動産における共有持分は、所有する不動産の権利であり土地の左側半分などのような位置的なものではありません。
共有持分は共有者全員で話し合いを行い、売ることへの同意を得ることができたときには全ての不動産の売却を行うことができるようになるのですが一人でも売却に反対する人がいるときには売却することができません。
ただし、自分の共有持分については民法の中で単独でかつ合意を得ることなく売却が認められているなどの特徴があります。
なお、共有持分が発生するのは相続と共同購入の2つのケースです。
相続のときには共有状態にならないよう遺産分割協議の中でしっかり取り決めることがポイント、ここでとりあえず共有するなどにしてしまうと後々トラブルが起きることになるので注意しなければなりません。
共同購入は親や兄弟、夫婦など共有名義で不動産を購入したケースになるのですが、離婚することで共有持分の売却が必要になることも少なくありません。

共有持分に強い不動産会社に相談しよう

共有不動産全てを売却するとき、所有者全員の売却に対する合意が必要になるのですが、相続で売却するとなったとき所有者が行方不明で話し合いができなかったり、兄弟や姉妹などで仲が悪くて疎遠の状態になっているので敢えて顔も見たくないなどでは話し合いもできない状況です。
しかし、使わない不動産を維持管理するためにはお金がかかるので共有持分を売りたい、このように考える所有者も少なくありません。
共有持分は単独で売却することはできるのですが一般的な不動産会社では取り扱いが行われていなかったり、売却の手伝いをしてくれているけれども初めてのことなので中々売れないなどのケースは多いといえます。
不動産会社の中には共有持分に強い特化したサービスを提供している会社も少なくありません。
その理由の中には相続で共有状態になりそれを売却したい人が多いためです。
過去の経験が豊富な不動産会社に相談することで、サポートはもちろんアドバイザーになって貰えます。

まとめ

共有持分を単独で売却したい、色々不動産会社に相談したけれども仲介を断れてしまうことなくても親身になってくれないなどのケースは多いのではないでしょうか。
その理由の中には単独での共有持分の不動産は流通がしにくいなどが挙げられます。
しかし、共有持分の売却に強い不動産会社は実在していて、このような特殊な不動産の売買経験を持つところに相談することで売却までの期間を短縮できる、しかも売却格をアップできるなどのメリットもあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。