投稿者: admin_clacas

共有持分はどのように計算するのが正解なのか?

負担額で決めるのが一般的

共有名義の不動産を購入する場合は、基本的に共有持分の割合について最初に決めないといけないです。
どのように計算すればいいのか分からないかもしれませんが、一般的には購入したときの負担額によって割合を決めていくのが普通になってきます。
例えば夫婦で一緒に共有名義の不動産を購入する場合は、負担額が半分ずつであれば共有持分もそのような内容にすれば問題ないです。
そのため負担額によって計算をしていくことで、スムーズに共有持分の割合を出すことができます。
適切に計算をすることで共有持分の割合で悩んでしまうようなこともありませんが、割り切ることができないような状態になっている場合は、どちらかに贈与する形になるかもしれないです。あまりにも大きな金額を贈与してしまうと、贈与税を負担しなければいけない状態になることもあるので注意が必要になります。
夫婦で住宅を購入するときに、両親に援助をしてもらうようなこともあるかもしれませんが、共同出資であれば両親についても割合を計算することが大切になるはずです。

相続をする場合も計算は決まっている

共有名義の不動産を所有することは夫婦で購入するだけでなく、相続をするような形でも共有持分を所有するようなパターンは少なくないです。
両親の片方が亡くなった場合は、配偶者と子供で不動産を共有するような形になりますが、基本的に適切な計算方法が用意されていますから、各自で事前にチェックしておくのが大切になってきます。
被相続人との関係性や相続をする人数によっても計算に違いがありますし、共有持分の割合を正確に出すことができないとその後にトラブルに発展してしまうようなことも珍しくないです。

遺産分割協議をするような場合は、共有持分の割合などについても決めておくことができますから、遺産トラブルなどを防ぎたいと考えているのであれば、早めに遺言書を準備しておくといいかもしれません。
基本的に共有持分であっても価値がありますから、専門的にサポートしてくれるところに相談することで、買取してくれることがあるので簡単に現金化することも可能です。

まとめ

共有名義の不動産の共有持分についての計算方法を知りたいと考えている人は少なくないかもしれませんが、基本的に購入をして手に入れている場合は、負担額によって割合を決めていくのが一般的です。割り切ることができないような場合は、贈与する形になることもありますから、贈与税についても知識を得ておくのが大切になります。
共有持分は相続でも手に入れるようなことはありますが、そのような場合は被相続人との関係性や人数などで決まっていくので、適切に計算をするのが重要になるはずです。

共有持分案件のエキスパート!専門のコンサルタントに相談

共有持分の相談ができる専門のコンサルタント

共有持分の不動産に関する悩みごとがある場合には、専門のコンサルタントに相談することもできます。
共有持分についてわからないことも詳しく教えてもらえます。
専門のコンサルタントで共有持分に関する相談に乗っているのは、共有持分案件のエキスパートです。
こうした会社で働いている共有持分のエキスパートは、共有持分案件に関係する知識を豊富に持っています。
共有持分のエキスパートは、共有持分案件を多く取り扱ってきた実績もあるので、安心して話を聞いてもらえます。
さまざまなタイプの共有持分についての相談をすることができ、依頼者にとって最適なアドバイスをしてくれます。
共有持分を持っている他の所有者との間に何らかのトラブルが起こった時にも、専門のコンサルタントに相談ができます。
多くの経験を持っているので、専門のコンサルタントはこうしたトラブルを解決するための方法にも精通しているため、問題を解決するためにサポートしてくれます。

不動産を売却したい場合にも相談できるコンサルタント


共有持分の不動産を売却したい場合にも専門のコンサルタントに相談ができます。
共有持分の不動産は共有ではない一般の不動産とは異なる法令の規定があるため、不動産を売却する時にも注意が必要になります。
共有持分の不動産を売却する方法がわからないという人でも、専門のコンサルタントに相談をすることで、基本的なことから順番に教えてもらえます。
共有持分の不動産を売却する方法は2種類あり、共有持分だけを売却する売り方と、共有持分が設定された不動産をまとめて売却する売り方です。
それぞれの売却方法にはメリットとデメリットがそれぞれあるので、共有持分についての知識を詳しく持っていない人には理解しにくい部分も多いです。
ですが、専門のコンサルタントに相談をすれば、こうした共有持分の売却方法の違いについても教えてもらえます。
依頼者が共有持分を売却するために最適な方法も提案してもらえるので、共有持分を売却しやすくなります。

まとめ

共有持分の不動産に関する相談ができる専門のコンサルタントについてご紹介してきました。
専門のコンサルタントでは共有持分案件のエキスパートが話を聞いてくれるので、問題を解決するために適切なアドバイスを受けられます。
共有持分案件のエキスパートは共有持分の不動産についての豊富な知識や経験を持っているので、共有持分に関係したさまざまな悩みを相談できます。
共有持分の不動産を売却したい場合にも、専門のコンサルタントに相談できます。

地域の事情を熟知している行政書士に共有持分を相談

共有持分の不動産は行政書士に相談

財産分与や共同購入などによって不動産の共有持分がある場合、普段はあまり気にすることはないでしょう。
ただし生活の変化があることで売却したいとなった時に、共有者の同意がないと何もできないことに気が付きます。
そうなってから話を始めてもなかなかまとまらないなどのトラブルに発展することも少なくありません。
そんな時に頼りたいのが、その地域の事情を熟知している行政書士です。
親族や夫婦は関係が近いので言いたいことを言いやすく、なかなかまとまらないことがほとんどです。
第三者が関与することで冷静に話し合うことができます。
共有持分の全てを最もよい方法で処理できることが、共有者全員の総意であるはずなので、その着地点を見つけることが重要です。
地域を熟知していることによって、処理した時にどうなると理想かを考えることができる行政書士の方が提案力があります。
納得のできる提案の方がまとまりやすいのは当然で、共有者の納得が得られやすいでしょう。

共有持分の手続きができる行政書士


行政書士は不動産の名義変更手続きを行うことができる士業です。
弁護士や司法書士と比べるとできることは制限されますが、不動産の名義変更であれば、全く問題ない範囲が対応できます。
地域に密着して事情を熟知している人なら、アドバイスの内容も的確でわかりやすいというメリットがあります。
また共有持分の所在の自治体に行きやすいということもメリットと言えます。
共有持分の処理は、譲渡や売却などが考えられますが、それぞれの方法でかかってくる税金に違いがあります。
なるべく費用を抑えて処理したいなら、その場所の評価額などを知っている行政書士の方がすぐによい方法を提案できるでしょう。
贈与や相続、譲渡などのそれぞれの違いによって最善策を考えてもらえれば、任せてよかったと思えるはずです。
報酬を使ってもそれだけの見返りがあることが重要です。
自分達で考えた時に気がつかないような内容を考えられることを期待できます。

まとめ

共有持分の処分は、方法によって結果が大きく変わってきます。
個人で考えると全体のメリットよりも目先の楽さを気にしすぎることもあり、結果として損をするなんてこともあります。
できるだけトラブルを避けて、なおかつ共有者全員に公平で、できれば得に感じられることが重要です。
行政書士でも地域の事情に詳しい人を見つけられれば、安心して頼むことができるでしょう。
できれば不動産がある地域に登録している行政書士の中から選ぶことが重要です。

法に基づいたアドバイスを受けられる弁護士に共有持分について相談

共有持分に関する法律的なアドバイスをしてくれる弁護士

共有持分に関する相談がしたい時に、相談相手として頼りになるのは弁護士です。
弁護士は法律の専門家であるため、法に基づいたアドバイスを受けることができます。
共有持分についてのルールが多く規定されているのは民法ですが、弁護士に相談をすることで、共有持分に関係した法律上の正しい知識を知ることもできます。
共有持分の知識を正しく知っていれば、共有不動産について悩みごとができた場合にも冷静に対応することが可能です。
法律のことに詳しくない人の場合には、法律のことをわかりやすく教えてくれる弁護士に相談するのがおすすめの方法です。
こうしたタイプの弁護士ならば、難しい法律用語のかわりに誰にでもわかりやすい言葉を使って説明してくれるので、共有持分に関する知識も理解しやすくなります。
どこの法律事務所に相談すれば良いかわからない場合には、弁護士を利用したことがある知り合いなどに相談することもできます。

他の共有者とトラブルが発生した場合にも相談できる弁護士


共有持分のことに詳しい弁護士に相談をすれば、他の共有者との間にトラブルが発生した場合にも、解決をアドバイスしてもらえます。
共有者の中に持分についての法律の知識を持っている人が誰もいない場合には、持分に関するトラブルを解決することも難しくなります。
ですが、法律に詳しい弁護士に相談して、他の所有者とも話をしてもらえば、法律に従った方法で問題を解決することが可能です。
不動産の活用方法について共有者の意見が合わない場合にも、弁護士に相談ができます。
話し合いによっても問題が解決できない場合には、持分を設定している不動産を分割することもできます。
共有不動産の分割に関することも、法律的な知識を持っていない人にはわかりにくいことも多いですが、弁護士に相談をすることで、分割をするために必要な知識を教えてくれます。
どこまでが共有不動産の管理行為に該当するのかも、弁護士に相談すれば正しいアドバイスが受けられます。

まとめ

不動産の共有持分について相談できる弁護士についてご紹介してきました。
共有持分に関する法律上の規定は、一般の人には理解するのが難しいところもあるので、わからないことがある場合には弁護士に聞いておいた方がおすすめです。
弁護士の中には依頼者にわかりやすく法律の説明をしてくれる人もいて、難しい法律用語を使わなくても、共有持分のことを説明できます。
共有者とトラブルが発生した場合にも、弁護士に相談ができます。

不動産のことなら最も詳しい不動産会社に共有持分について相談できる

共有持分が発生するケースは大きく分けて2つ

不動産における共有持分は、所有する不動産の権利であり土地の左側半分などのような位置的なものではありません。
共有持分は共有者全員で話し合いを行い、売ることへの同意を得ることができたときには全ての不動産の売却を行うことができるようになるのですが一人でも売却に反対する人がいるときには売却することができません。
ただし、自分の共有持分については民法の中で単独でかつ合意を得ることなく売却が認められているなどの特徴があります。
なお、共有持分が発生するのは相続と共同購入の2つのケースです。
相続のときには共有状態にならないよう遺産分割協議の中でしっかり取り決めることがポイント、ここでとりあえず共有するなどにしてしまうと後々トラブルが起きることになるので注意しなければなりません。
共同購入は親や兄弟、夫婦など共有名義で不動産を購入したケースになるのですが、離婚することで共有持分の売却が必要になることも少なくありません。

共有持分に強い不動産会社に相談しよう


共有不動産全てを売却するとき、所有者全員の売却に対する合意が必要になるのですが、相続で売却するとなったとき所有者が行方不明で話し合いができなかったり、兄弟や姉妹などで仲が悪くて疎遠の状態になっているので敢えて顔も見たくないなどでは話し合いもできない状況です。
しかし、使わない不動産を維持管理するためにはお金がかかるので共有持分を売りたい、このように考える所有者も少なくありません。
共有持分は単独で売却することはできるのですが一般的な不動産会社では取り扱いが行われていなかったり、売却の手伝いをしてくれているけれども初めてのことなので中々売れないなどのケースは多いといえます。
不動産会社の中には共有持分に強い特化したサービスを提供している会社も少なくありません。
その理由の中には相続で共有状態になりそれを売却したい人が多いためです。
過去の経験が豊富な不動産会社に相談することで、サポートはもちろんアドバイザーになって貰えます。

まとめ

共有持分を単独で売却したい、色々不動産会社に相談したけれども仲介を断れてしまうことなくても親身になってくれないなどのケースは多いのではないでしょうか。
その理由の中には単独での共有持分の不動産は流通がしにくいなどが挙げられます。
しかし、共有持分の売却に強い不動産会社は実在していて、このような特殊な不動産の売買経験を持つところに相談することで売却までの期間を短縮できる、しかも売却格をアップできるなどのメリットもあります。

Powered by 不動産情報どっとこむ