地域の事情を熟知している行政書士に共有持分を相談

共有持分の不動産は行政書士に相談

財産分与や共同購入などによって不動産の共有持分がある場合、普段はあまり気にすることはないでしょう。
ただし生活の変化があることで売却したいとなった時に、共有者の同意がないと何もできないことに気が付きます。
そうなってから話を始めてもなかなかまとまらないなどのトラブルに発展することも少なくありません。
そんな時に頼りたいのが、その地域の事情を熟知している行政書士です。
親族や夫婦は関係が近いので言いたいことを言いやすく、なかなかまとまらないことがほとんどです。
第三者が関与することで冷静に話し合うことができます。
共有持分の全てを最もよい方法で処理できることが、共有者全員の総意であるはずなので、その着地点を見つけることが重要です。
地域を熟知していることによって、処理した時にどうなると理想かを考えることができる行政書士の方が提案力があります。
納得のできる提案の方がまとまりやすいのは当然で、共有者の納得が得られやすいでしょう。

共有持分の手続きができる行政書士

行政書士は不動産の名義変更手続きを行うことができる士業です。
弁護士や司法書士と比べるとできることは制限されますが、不動産の名義変更であれば、全く問題ない範囲が対応できます。
地域に密着して事情を熟知している人なら、アドバイスの内容も的確でわかりやすいというメリットがあります。
また共有持分の所在の自治体に行きやすいということもメリットと言えます。
共有持分の処理は、譲渡や売却などが考えられますが、それぞれの方法でかかってくる税金に違いがあります。
なるべく費用を抑えて処理したいなら、その場所の評価額などを知っている行政書士の方がすぐによい方法を提案できるでしょう。
贈与や相続、譲渡などのそれぞれの違いによって最善策を考えてもらえれば、任せてよかったと思えるはずです。
報酬を使ってもそれだけの見返りがあることが重要です。
自分達で考えた時に気がつかないような内容を考えられることを期待できます。

まとめ

共有持分の処分は、方法によって結果が大きく変わってきます。
個人で考えると全体のメリットよりも目先の楽さを気にしすぎることもあり、結果として損をするなんてこともあります。
できるだけトラブルを避けて、なおかつ共有者全員に公平で、できれば得に感じられることが重要です。
行政書士でも地域の事情に詳しい人を見つけられれば、安心して頼むことができるでしょう。
できれば不動産がある地域に登録している行政書士の中から選ぶことが重要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。